好きなことだけをやりなさい。好きなことは一生懸命やりなさい。

おはようございます

最近なぜプログラマーにならなかったんだろとふと思うことがある紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

プログラムの勉強をやるにはやったんですが、挫折してるんですよね。

独学でってのがよくなかったのか、仕事をはじめてから取り組んだのがよくなかったのか、没頭できなかったわけですね。

挙句の果てに、時間があれば勉強したいと思っている自分がいます。

でもこれって、やりたい詐欺じゃないの?

と思ってしまうくらい優先順位は低い?!ので、やりたいリストに入れておいて、
優先順位の高いやれることからやっていく予定です。

コツコツ積み上げていこうと思います。

今日の名言

好きなことだけをやりなさい。好きなことは一生懸命やりなさい。 水木しげる

わたしたち世代って、好きなことばっかりやってるだけじゃ生きていけない

なんて言われて育ってきました。

我慢して続けないと何も成し遂げることができない

なんてことも言われましたよね。

でも今の時代は、好きなことを思う存分して生きて行く方法があります。

好きなことを突き詰めている人は、人としての価値が高まり、周りにも価値の高い人が集まります。

他の人からちょっとおかしいんじゃないと思われるくらいになれば、間違いなくやっていることに価値が生まれます。

その価値を活かせる世の中に変化してきてるわけですね。

40代、50代は、昔はこうだったなんて言ってる場合じゃなくて、若い人からどんどん学んでいきましょう!

だって、この先の未来をいきていくのは若い世代で、だれも先の世界のことを知らないんだから。

若い人のほうが世の中の流れに敏感なんですよ

水木しげる

1922年3月8日 – 2015年11月30日
日本の漫画家。文化功労者、傷痍軍人。本名は武良 茂(むら しげる)。

大阪府大阪市住吉区出生、鳥取県境港市入船町出身、東京都調布市在住。ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市で経営していたアパート「水木荘」から名付けた。
1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。

引用元: 水木しげる

0101

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください