やる気と我慢強さは、すべてを克服する。

おはようございます。

おもったより短気だということに気づいた紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

まえから思ってたんですが、結構短気みたいです。

なので、感情をコントロールするように意識はしてるんですが、
いかんせん、相手によって、瞬間湯沸かし器になってしまうこともあります。

修行がたりませんな。

今日の名言

やる気と我慢強さは、すべてを克服する。 ベンジャミン・フランクリン

やる気だけじゃダメのようです。

我慢強さがないと、ちょっとしたことで継続できなくなります。

逆に我慢強さだけあっても、嫌なことを我慢強く継続できるかもしれませんが、
ストレスが溜まっていく一方です。

やる気がないことには、何も始めることはできないし。。。

どんどん無限ループに入っていきそうなので、考えるのが嫌になってしまいます。。

そういえば、今週のWeeklyOCHIAIで、落合陽一氏が、
考えることはものすごく重要で、
落合氏は、大学1年生からの質問にもまじめに考えたりしているといっていました。

世の中は、正解のない選択の連続なので、
しっかり脳みそをつかって、きちんと考えないといけないということです。

脳みそをフル活用して今日もはりきっていきましょう!

ベンジャミン・フランクリン

1705年1月6日 – 1790年4月17日
アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。
また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたことでも知られている。
現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。

勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。
己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。

引用元: ベンジャミン・フランクリン

0107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください