人間は何万年も、あした生きるためにきょうを生きてきた

おはようございます。

ようやく投稿が3桁になってホッと胸をなでおろしている紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

100/1000、つまり、1/10が終了したのですが、意外と早かったような気がしてます。

ただ、中身があるかどうかというと、はなはだ疑問なのですが、自分に言い聞かせている部分が大きいので、そこはお許しください。

500投稿くらいになれば、もう少し文章も洗練されてくるような気がします。

今日の名言

人間は何万年も、あした生きるためにきょうを生きてきた 手塚 治虫

手塚治虫って、鉄腕アトムやブラックジャックが有名ですが、埋もれてしまった作品をたくさん生み出してることはあまり知られてません。

普通の漫画家が想像できないくらいたくさん漫画を描いてるんですね。

意外と面白いのも沢山あって、今読んでも色あせしない内容なので、マイナーな「奇子」や「きりひと賛歌」「シュマリ」などの作品が実写化されると手塚治虫ブームが訪れるかもしれません。

手塚治虫を読んだことがなければ、読んでみてください。

手塚 治虫

1928年(昭和3年)11月3日 – 1989年(平成元年)2月9日
日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。血液型A型[1]。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

引用元: 手塚 治虫

0100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です