賢い人たちがその英知により好ましく思えるよりも、愚か者がその愚かさのゆえに好ましく思えることがある。

おはようございます。

少し暖かくなって春を感じられるようになって来ましたね。

紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

ついこないだまで、UNIQLOの極暖を着てても寒く感じていたのに、いま極暖を着てると汗をかいて書いてしまいます。

季節の移り変わりを気にする年齢になってきたかとしみじみ感じています。

今日の名言

賢い人たちがその英知により好ましく思えるよりも、愚か者がその愚かさのゆえに好ましく思えることがある。 エリザベス・ギャスケル

これって、前に話した自分に近い人間に親しみを感じるということと同じことだ思います。

日本の富裕層(資産1億以上)は全体人口の約2%ほどで、残りの98%の人が、富裕層をよく思っていないのといっしょ。

賢い人たちは特殊な人たちで、自分たちは愚か者だという考えが無意識のうちに刷り込まれているのかもしれません。

あるいは、自分より下の人間がいるということに安堵しているだけかも。

人は人、自分は自分と考えて、自分ができるベストなことに意識を集中させましょう!

エリザベス・ギャスケル

1810年9月29日 – 1865年11月12日
イギリスの小説家。

引用元: エリザベス・ギャスケル

0120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください