金がないことが、すべての元凶だ。

おはようございます。

できることなら、値段を気にすることなく買い物がしたい紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

高価なものを買いたいという意味じゃなくて、お金という基準を使いたくないということです。

つまり、自分でものの価値を判断できるようになりたいということ。

そのためには、生活に困らないだけじゃなく、お金の感覚が抜け落ちるくらいのお金を持っておく必要があります。

こう考えると

ムリじゃね?

なんて思ってしまいますが、

実現できればすごいと思うんですよね。

今日の名言

金がないことが、すべての元凶だ。 ジョージ・バーナード・ショー

お金についての教育って受けたことがありません。

唯一あるとしたら、親父から、

お金を稼げる人間にならんとあかん

っていわれてたことくらいです。

お金第一主義みたいな親父でしたが、確かにお金がないと何もできないのが現実です。

最近では、信用をお金に換金するシステムも確立されてきていますが、それは、ほんの一部の人だけです。

このシステムに関しても、最終的に信用と引き換えにお金を集めるわけですよね。

なのに、お金を持っているのは悪いことだという風潮自体が悪いのであって、もっとお金のことを真剣に考えるべきなんですよね。

お金がなければ何もできないけど、お金があれば、やれることが増えて、もっと人生を楽しむことができます。

そんな人生を楽しみたいあなたには、

メタップス佐藤さんの

お金2.0

の購読をお勧めします。

お金のことを理解して、お金に支配されない人生を生きましょう

ジョージ・バーナード・ショー

1856年7月26日 – 1950年11月2日
アイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。

ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカ合衆国など英語圏の国々で多様な功績を残した才人として知られている。

引用元: ジョージ・バーナード・ショー

0114

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です