人生は刺激に満ちた仕事ですが、もっとも刺激的なのは、人のために生きるときです。

おはようございます。

食べたいものを食べすぎて心も体も丸くなりそうな紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

美味しいものを食べてるときって幸せですよね。

でも、食べた分だけ運動でカロリーを消費するか、消費するカロリー分だけ食べるようにしないと体重はどんどん増えていきます。

自分の欲望をきっちりとコントロールして、体はあまりまるくならないように気をつけようと思った今日この頃です。

この言葉に何を思う?

人生は刺激に満ちた仕事ですが、もっとも刺激的なのは、人のために生きるときです。 ヘレン・ケラー

人のために何かするって結構、満足度高いですよね。

もちろん、それが自分のためになっているわけですが、誰かのために何かしたことによって、
その誰かが幸せになると、こちらまで幸せな気分になります。

人って何かを求められると、見返りがなくても助けてあげるいきものなんですよね。

なので、純粋に困っている人がいれば、助けてあげようという気持ちになるし、誰かのために何かをしてあげたい気持ちってのは、誰もが必ずもっている感情なんです。

刺激を感じない、つまりワクワクしない毎日を生きていると、この何かをしてあげたい気持ちってのがどんどん薄れていってしまいます。

もし、毎日の生活にワクワクを感じていないなら、少し環境をかえてみて下さい。

通勤の行き帰りをいつもと違う道を通ってみるとか、普段は入らないちょっと高級なお店でランチやディナーを食べてみるとか、ほんのちょっとだけいつもと違うことをやってみれば、きっと新しい刺激がもらえるはずです。

刺激が強すぎるのも困りものですが、普段と違った刺激があなたにワクワクを与えてくれるはずです。

毎日をワクワクして過ごせれば、今度はそれを誰かに分け与えてくなってきます。

ワクワクする人生をおくりましょう!

ヘレン・ケラー

1880年6月27日 ー 1968年6月1日
アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。
視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

引用元: ヘレン・ケラー

0037

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です