明日、死ぬかのように生きろ。永遠に生きるかのようにして、学べ

おはようございます。

明日死ぬかもしれないのにしょうもないことはしてらんないと思う紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

いつ死ぬかは誰もわかりません。

なので、いつ死んでもいいように、毎日を有益なものにしたいですよね。

価値観の違う人から見ると、わがままに見えるかもしれないのですが、自分がやりたいように生きることを決めています。

だって、誰のためでもなく、自分のために生きているわけですから。

今日の名言

明日、死ぬかのように生きろ。永遠に生きるかのようにして、学べ マハトマ・ガンジー

スティーブ・ジョブスも言ってましたね。

明日死ぬとしても、お前はそれをやっているのか
と鏡に向かって自分に問いかけていると。

答えが【Yes】じゃなければ、
何かを変えなければいけないということだと。

それほど、信念をもったことをやっていたわけですね。

毎日は無理でも、ふと思い出した時に自分に聞いてみて下さい。

もし明日死ぬことになったとしても、それをやっているのか?

と。

もちろん、ほとんどの人の答えが【No】かもしれませんけど(笑)

マハトマ・ガンジー

1869年10月2日 ? 1948年1月30日
インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。
マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。
1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。

引用元: マハトマ・ガンジー

0092

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください