落ちてくれる人のおかげで合格できる

おはようございます。

バランスが一番大切だとおもう紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

光があるところに影があって、影があるところには光がある。

どっかで聞いたことがあるようなないような言葉ですが、どっちかに偏れば、間違いなく揺り戻しがあるんですよね。

うまくいっている時ほど、何かがおかしくなった時のことを考えて、
うまくいっていないときは、必ず歯車がかみ合う時が来ると考えて、

行動することが必要です。

今日の名言

落ちてくれる人のおかげで合格できる 相田みつを

こんなに考える人ってあんまりいないですよね。

自分が努力したから、合格するわけで、落ちたのは努力が足りなかったから。

こんなに考えるのは普通じゃないでしょうか?

ただ、こんな考え方も、裏をかえせば、

合格したやつのせいで、落ちた

と考えるマイナスな人もいるわけで、そんなエネルギーがあることも理解しておく必要があります。

そんなマイナスエネルギーにとらわれると、どんどんマイナスのエネルギーを引き付けてしまうだけなんですけどね。

しってますか?

幸運をつかむ人と、そうでない人の違いを研究したこんな結果があることを。

「幸運な人」を10年間研究した心理学者が気づいたこと

相田みつを

1924年5月20日 – 1991年12月17日
日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。書の詩人、いのちの詩人とも称される。

引用元: 相田みつを

0149

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください