自由が、圧制者の側から自発的に与えられることは、決してない。それは、虐げられている側から要求しなくてはならないものなのだ。

おはようございます。

サンタさんにMacbookとiMac27inchを下さいとお願いしたにもかかわらず、今年もプレゼントが届かなかった紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

なのに、高校生と中学生の息子と嫁にはプレゼントが届いているんですよね。

まー、ようやくiPhoneXを入手して、あまりの反応速度の速さに大満足しているので良しとしましょう(笑)

ついでに、嫁と長男のiPhoneもiPhone8にしたのですが、初めて子どもにバックアップからのデータ移行を一人でさせてみました。

これまでいろいろと私がやりすぎていたので、極力最後のアドバイスだけするようにしてみると、最初は上手くいかないことに苛立っていた様子でしたが、自分でしないことには、新しいiPhoneを使えないので、なんとか移行できてホッとしていました。

ついつい助けてしまうあまあま親父なのですが、今回はなんとか自分でやり遂げられたのでちょっとほっとした気分になりました。

ほんと親ばかですね(笑)

今日の名言

自由が、圧制者の側から自発的に与えられることは、決してない。それは、虐げられている側から要求しなくてはならないものなのだ。 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

誰かがなんとかしてくれるという状態では、何も変わることがありません。

恥ずかしながら、我が子はこの状態で過ごしてきて、私たち親がたいがいのことをしていたので、自分がしなくてもやってくれるという状態が当たり前になっていました。

この状態はなんとかしないといけないと思っていたので、突き放してみましたが、諦めかけながらも、自分に関係することなので、とりあえずはやり遂げられたという状態です。

どんなものでも、いいな〜とか、やってほしいな〜というくれくれ状態では、結局何ももらえていないのと一緒です。

自分から行動してこそ、求めるものを手に入れられるというものです。

昨日は、これからももっと突き放して冷徹な!?親父になろうと決心した1日でした。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

1929年1月15日 – 1968年4月4日
アメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。キング牧師の名で知られ、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した。

「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。1964年のノーベル平和賞受賞者。2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。

引用元: マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

0059

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です