世界ではなく、自分自身を征服せよ。

言霊が人生を変える

おはようございます。

最近こんな本を読んで、お金のことを勉強している紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

学校では、お金のことを教えてくれません。

自分で勉強するしかありません。

でも、一部のお金を持っている家族以外は、

  • お金のことは良くないもの
  • お金より大切なものがある

なんてことをいって、真剣にお金のことを考える機会をもうけようとしません。

そのせいで、生活する上で切り離すことができないお金のことを知らないまま社会に出ていかないといけないようになってしまっています。

幸いながら?うちの親父は自営業で、常々

お金がなかったら何もできない、お金を稼げるようになれ

なんて言っていたので、お金に関する嫌悪感なんてものはもっていません。

ですが、残念ながらお金の稼ぎ方を勉強してこなかったので、遅ればせながら、お金の増やし方、お金から解放される方法をしっかりと勉強しているところです。

今日の名言

言霊人生を変える

ルネ・デカルト

生きるということは、葛藤のくりかえしです。

今まであなたが考えてきた常識と思っているもの、新しいことを受け入れるということが生きるということであって、新しい変化を受け入れられないのは、ある意味死んでいるのと変わりません。

新しいことを受け入れるときには一種の葛藤が生じますが、いかにその葛藤を乗り越えられるか、自分自信をコントロールできるかが試されています。

よりたくさんの葛藤を乗り越えて、よりたくさんの選択をしてきた人は、自分自身に最適化された答えをいち早く見つけることができるようになります。

大きな目標を達成したいのなら、まずは、自分自分を自在にコントロールできる力を身につけましょう!

あなたが変えることができるのは、あなた自身だけです。

ルネ・デカルト

1596年3月31日 – 1650年2月11日
フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。
考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上でもっとも有名な命題の1つである。そしてこの命題は、当時の保守的思想であったスコラ哲学の教えであるところの「信仰」による真理の獲得ではなく、人間の持つ「自然の光(理性)」を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。デカルトが「近代哲学の父」と称される所以である。

引用元: ルネ・デカルト

0045

あらゆる良書を読むことは、過去の最良の人物たちと会話することだ。

良書を読むことで人生を変える

千日発信修行も10日経過し、なんとなくペースを掴んでいるようないないような。。。

よ〜し!あと990日!!

というと、やる気が削がれてしまうので、次の10日頑張ろうと考えて取り組んだほうがいいです。

具体的にゴールが見えているならいいですけど、1000日先って見えないじゃないですか。

でも10日先なら見えますよね。

明日ならもっと見えやすい。

すごいことを達成する人って、ほんとに

小さなことからコツコツと

なんですよね。

このあたりのことは、

堀江さんの”ゼロ”がおすすめ

アンチ堀江の方にもおすすめする本です。

会ったことはありませんが、こんなすげー努力してる人だったんだというのがわかります。

この言葉に何を思う?

あらゆる良書を読むことは、過去の最良の人物たちと会話することだ。 ルネ・デカルト

ということで、本ってついつい買っちゃって、読んでいないってことありませんか?

これって、結局読む気がないんですよね。

だいぶ前に草彅さんが主演したドラマ

僕の生きる道

というのがあるんですが、

これは、

余命一年と宣告された高校の生物教師が、死の恐怖と直面し向き合う中で、生きることの真の意味を見出していく静かなる感動編 by Amazon

というストーリーで、このドラマの中で、先生が生徒にこう言うんです。

ここに一冊の本があります

この本の持ち主はこの本を読みたいと思ったので買いました。

しかし、今度読もう、今度読もうと思いつつ、すでに一年が経ちました。

この本の持ち主はこの本を読む時間がなかったのでしょうか?

たぶん違います。

読もうとしなかった。それだけです。

受験まであと一年です。

みなさんのなかには「あと一年しかない」と思っているひとがいるかもしれません。

でも、あと一年しかないと思って何もしないひとは5年あっても10年あってもなにもしないと思います。

だから「一年しかない」なんて言っていないでやってみましょう。

この一年、やれるだけのことをやってみましょう。

このセリフがグサッと心に刺さったのを覚えています。

いつまでたっても本棚の肥やしになっている本がありますよね。

あれって、結局優先順位が低いんですよね。
ある意味、ぼーっとする時間より優先順位が低い。

つまり、読む気がないってことです。

そんなあなたにおすすめするのが、本屋に行っての座り読み。

蔦屋とかの本屋って、カフェが併設されていたり椅子があったり、購入しなくてもそこで読むことができます。

本を読むことを目的に行ってるわけだから本を読むって行為の優先順位も高いし、その本が自分に必要な情報かどうかも読んで確認できる。

気に入ったら、購入して手元において気になった時に確認できる。

もう至れり尽くせりです。

最初に紹介した堀江さんの”ゼロ”も、座り読みしていて思わず購入した本です。

本は偉大な人たちの知識を自分の中に取り入れることができるアイテムです。

もちろん、動画の方がわかりやすいものもありますが、今では直接話すことができない過去の偉大な人たちや直接会うことが難しい人たちと本の中で対話することができるし、新しく見えてくることがたくさんあります。

もちろん、これは得意の勝手解釈ですが、読んだ人が勝手に解釈して勝手に考えて勝手に行動している。

勝手に解釈しているから、反論もあるし、共感してくれることもあります。

ただ、発信しないと反論も共感もないってことです。

怖がってないで、発信してみると世界が変わって見えるようになりますよ。

ルネ・デカルト

1596年3月31日 – 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。
考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上でもっとも有名な命題の1つである。

引用元: ルネ・デカルト

0010