怒りは突然の、あるいは、一時的な狂気である。

おはようございます。

怒りのコントロールは飲酒運転並みの紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

怒りってすごいエネルギーなんですよね。

それだけのエネルギーを別の方向に向けられたら、すごい生産性上がると思うんですよね。

でも、コントロールできない。

意識してコントロールしようとは思ってるんですけど。。。

今日の名言

怒りは突然の、あるいは、一時的な狂気である。 ホラティウス

狂気といえば、狂気なんですよね。怒りって。

怒りが原因で殺人事件なんかも起こっちゃうわけで、冷静に考えるとありえないですよね。

殺される立場になってみたら、どれだけ痛くて怖いんだろうと想像すれば、まずもって殺人なんてできるわけがありません。

なのに、殺人事件が起こってしまうのは、多くの場合「怒り」が関係しているのかもしれません。

一時的に燃え上がる「怒り」に我を忘れて衝動的な行動を起こしてしまうんですよね。

私自身、「怒り」に任せて我が子を殴ったことがありますが、深く反省しています。

親子の関係だろうとなんだろうと、暴力によって解決することなんてないわけです。
解決したとしてもそこには新たな「怒り」が生まれることになります。

かと言って、どんな解決があるのかという答えはもっていないのですが、

まずは「怒り」をしっかりとコントロールできるようにならないといけませんね。

ホラティウス

紀元前65年12月8日 – 紀元前8年11月27日)は、古代ローマ時代の南イタリアの詩人。一般には単にホラティウスと呼ばれる。

引用元: ホラティウス

0088