親の喜びというのは、ひそかなものである。その悲しみや不安もまた同じである

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

子どもに勉強しろと言わなくなった紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

正月休みに、宿題をいやいややっている次男がいました。

そんなにいやいややるならやらなかったらいいのにと言うんですが、嫁はやらないでどうするのよ?なんていうので、子どもは混乱しちゃっています。

個人的には、勉強なんて、必要だと気づいた時にやればいいんじゃないかと思うんですよね。

私はたまたま勉強が楽しくてやっていただけなので、別に嫌いならやらなくてもいいんじゃないのって感じです。

自分の周りを見回して、必要だとおもったらやったらいいし、必要と思うなら、勉強に楽しみを見つけ出せばいいと思います。

とはいえ、基本的に勉強が楽しいと感じさせるかどうかは先生の力次第なので、私の場合、いい先生に巡り合ったんだとつくづく感じます。

今日の名言

親の喜びというのは、ひそかなものである。その悲しみや不安もまた同じである フランシス・ベーコン

以前にも親という字は木の上に立ってみるということを紹介しました。

恋をしながら、しかも賢くあることは不可能だ。

必要に応じて手助けをするスタンスが最もいいのかもしれませんが、ついつい余分な手助けをしてしまうんです。

特に母親は。

親の過干渉が子どもの自立を阻害していることはわかっていても、子どもが失敗する可能性を極力減らしたいと思うのが一般的な親なんですよね。

失敗から復活できる今のうちに、たくさんの失敗をさせてあげたいと思い、できるだけ子どもの判断を尊重しているのですが、常に横槍を入れるのは、母親です(笑)

お腹を痛めて産んだ母親と、出すだけ出して勝手なことやっている父親の違いですね

フランシス・ベーコン

1561年1月22日 – 1626年4月9日
イギリスの哲学者、神学者、法学者、貴族(子爵)である。イングランド近世(ルネサンス期)の人物。
「知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)の名言や、「イドラ」の概念で有名。

引用元: フランシス・ベーコン

0075

何にせよ最上の証明とは経験である。

言霊人生を変える名言

あけましておめでとうございます!

2018年は飛躍の年と勝手に決め込んでいる紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

ちなみに2017年は激動の1年でした。

気持ち的にも環境的にもこれまでの44年間とはまったく違う世界を生きた1年でした。

と言っても自分が感じているだけなので、周りの人からは特に大した変化も感じられないんでしょうね。

昨年を踏まえた上で、2018年はまさに飛躍の年となるべく、行動し続けようと思います。

今日の名言

何にせよ最上の証明とは経験である。 フランシス・ベーコン

まさに心に響きまくる言葉です。

経験なくして語るべからず

経験がないくせに偉そうに話す人はほんと薄っぺらです。

また、ちょっとかじったくらいで経験したつもりになっている人もかなり痛い。

和歌山の高校生起業家の小幡君がこんなツイートをしていました。

好きなことですら、死ぬ気、つまり本気になってやらないと成功は待っていないわけです。

本気の人は、本気でやっているかどうかが分かるので、本気でやっていない人は相手にしてくれません。

2018年、本気を見せていきましょう!

フランシス・ベーコン

1561年1月22日 – 1626年4月9日
イギリスの哲学者、神学者、法学者、貴族(子爵)である。イングランド近世(ルネサンス期)の人物。
「知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)の名言や、「イドラ」の概念で有名。

引用元: フランシス・ベーコン

0067

恋をしながら、しかも賢くあることは不可能だ。

人生を変える名言言霊

恋だの愛だのという言葉を見るたびに「サザンオールスターズ」を思い出します。

愛という字はまごころで〜、恋という字はしたごころ〜

うまいこといいますよね!

心がしたにあるから下心、真ん中に心があるからまごころなんて。

漢字ってほんと上手くできてる。

漢字というと、

親という字は、木の上に立って見ると書きます。子どもを心配しない親はないんですね。

というセリフを思い出します。

金八先生かいっ!

ってツッコんでください(笑)

アラフィフ世代にしか通じないツッコみですが、ほんと漢字ってうまくできてますよね。

実は、この「親」という漢字の成り立ちも、ほんとは

木の上に立って見る

ってわけじゃないなんて意見もネット上にはちらほらあります。

漢字の成り立ちがどうなっているかというのは、漢字を研究する人にとっては重要ですが、一般の人にとってはどうでもいいことで、どう解釈するかが重要なんです。

どう受け取るかがいちばん大切。

この言葉に何を思う?

恋をしながら、しかも賢くあることは不可能だ。 フランシス・ベーコン

恋は盲目

という歌がありますが、恋をした経験がある人には、

だよね〜

なんて感じる人が多いと思います。

恋をした経験があったと思っていても、何も見えなくなったことなんてないのなら、もしかしたら、それは恋ではなかったのかもしれません。

でも、下心があるだけに、計算高い恋もありますよね。

どっちやねん!

と突っ込まれそうですが、

この”恋”一つとっても、解釈は人それぞれ。

あくまで自分のことが第一で、相手と価値観を共有しながら距離を保って過ごしたいと思う恋もあるし、
相手のことが好きすぎて、他のことが見えなくなって相手にもそうあってもらいたいという恋もある。

好きすぎて、相手の時間を奪ってしまうのは、ただのわがままかもしれませんが、もしかしたら相手はそれを愛と感じるかもしれません。
ふと立ち止まって、相手にとって自分は有益なのか、これはほんとの恋なのかと考えることも重要です。

でも、そんなことすら見えてないのが恋ですよね(笑)

すべて一歩踏み出してみないとわかんないし、妄想してるだけでは前に進めません。

この妄想を形にすることですごい作品が生まれることもあります。

それが歌や詩、映画など。

ちなみに、これは超個人的な印象ですが、

恋や愛を扱った感動を与えるものを生み出す人って、見た目男前や美人とは言えない人がたくさんいませんか?

たとえば、

槇原敬之

JUJU

いきものがたり

山下達郎

コブクロ

など、

ファンからたたかれてしまいそうですが(汗)

こんな作品を生み出せる人たちは、想像力いや妄想であふれかえってるんだと思います。

特に思ったのが、

君の名は

の新海監督

見た目が男前じゃないからこそ、いろいろ妄想!?が広がって、多くの人から共感を得る作品を作ることができるんでしょうね。

もちろん、革命のファンファーレの西野さんのように、考えつくされた戦略があってのヒット作なわけですが。

また、盲目になるくらいの恋をして結婚しても、お互いに成長する努力をしないと知らない間にその気持ちは消えてしまいます。

常に

  • それは自分の価値を磨けているのか?
  • それは自分の価値を高められるのか?

自問し、考えて行動するようにしましょう。

フランシス・ベーコン

1561年1月22日 – 1626年4月9日
イギリスの哲学者、神学者、法学者、貴族(子爵)である。イングランド近世(ルネサンス期)の人物。
「知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)の名言や、「イドラ」の概念で有名。

引用元: フランシス・ベーコン

0007