困難の中に、機会がある。

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

フジテレビのFODの31日無料お試しに加入してからアダルトカテゴリがないことに気付いてちょっとがっくりの紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

オンライン動画配信サービスでアダルトがあるのって、U-NEXTだけらしいですね。

加入するときはしっかりチェックしておきましょう!

今日の名言

困難の中に、機会がある。 アルベルト・アインシュタイン

一人部屋でアダルトを観ている時に、忍び寄る足音に気づかず、嫁に扉を開けられてからドッキリしたことがあります。

言い訳もクソもありませんよね。

そこからは気まずい雰囲気にしかなりません。

でも、そんな時に、しれっと

「一緒にみる?」

なんて言えたら、いい雰囲気になっちゃったのかもしれませんが。。。

もし、そんな状況におちいったときは試してみて下さい。

アルベルト・アインシュタイン

1879年3月14日 – 1955年4月18日
ドイツ生まれの理論物理学者である。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績などにより、世界的に知られている偉人である。

引用元: アルベルト・アインシュタイン

0129

学べば学ぶほど、何も知らないということが分かるようになる。何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる。

言霊人生を変える名言

おはようございます。

学ぶことが多すぎて時間が全く足りていない紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

やりたいことが多すぎて、きちんとやることを決めてやらないとついつい浮気をしてしまいます。

浮気をしてしまうと効率も落ちて、結局進行が遅れちゃうんですよね。

現実の浮気も意外とコストパフォーマンスはよくなくて、目的がSEXすることなら、風俗に行った方がコスパ高いです。

ただ、その過程が好きって人もいます(笑)

でも、そんなところでリスクを取るくらいなら、もっと違うリスクを取ったほうが楽しいと思うぼんさんです。

今日の名言

学べば学ぶほど、何も知らないということが分かるようになる。何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる。 アルベルト・アインシュタイン

学ぶことを楽しいと思える人は、間違いなくいい先生と出会っています。

一方で、勉強が嫌いという子は、学ぶことの楽しさを気づかせてもらえていないだけなんです。

先生の仕事って、勉強を教えるんじゃなくて、

知らないことを知るってのはこんなに楽しいことなんだよ

って気づかせてあげることだと思うんですよね。

子どもたちがこのことに気づけば、知らないことをもっと知りたくて勝手に学び始めるんです。

過去の自分がそうだったかというと、まったくもって自信はありません。

逆に、今はたくさんのことを若者から気づかせてもらっています。

そんな私が心がけているのが次の3つ

  1. プライドを捨てる
  2. 恥を捨てる
  3. 若者から学ぶ

この3つを意識して行動すれば、きっとかっこいい大人になれるはずです。

アルベルト・アインシュタイン

1879年3月14日 – 1955年4月18日
ドイツ生まれの理論物理学者。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績などにより、世界的に知られている偉人である。

引用元: アルベルト・アインシュタイン

0109

成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になることだ。

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

日々自分の価値を高めるべく世の中を見渡している紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

世間では、ビットコインが暴落したとか、仮想通貨は終わりだとか言われてますけど、世の中の仕組みが変わる時って混乱が生じるんですよね。

車ができた時、電話が発明された時、インターネットが登場した時、全て既得権を得ているところが反発してきた歴史があります。

今回は、既得権益を大きく奪われるであろう国、銀行が反発しているといったところでしょうか。

仮想通貨の基本的テクノロジーであるブロックチェーンによって、多くのものが中央集権から分散型台帳に置き換えられ、一部の既得権益者だけがもっていた情報が隠せなくなる世の中になっていくわけです。

今までは、銀行というシステムを通してでないと、両者共通の価値を形にした通貨を交換できなかったわけですが、仮想通貨によって誰でも誰とでもトラストレスで価値を交換できるようになるわけです。

相手を信頼できないから信頼できる仲介を挟んで契約していたものが、その契約が誰でも参照できるようになり、自動的に執行されるというものがブロックチェーンの技術であり、この技術によりトラストレスでやり取りが可能になるわけです。

例えば、パチンコなどは、店側が大当たりの確立を操作できるなんてことが言われていますが、ブロックチェーンの技術を使うことで、操作をすることはできなくなります。
ブロックチェーンの技術って、結構ギャンブルとは相性のいい技術なんですね。

これ以上書くと、どんどん難しい話になっていきそうなので、このくらいにしておきますが、オリンピックの年には、間違いなく仮想通貨による支払いがもっと一般化し、銀行でお金を下ろす人は減少していくでしょう。

自分の時間がお金のかわりになる「TIME」という映画がありました。
正確には同じではありませんが、この映画と同様のことは、すでに「タイムバンク」というサービスで現実化しています。

SFとして表現されていた映画の世界が現実になるなんて、10年前には誰も想像すらしなかったことです。
そんなめまぐるしい技術の進歩が目の前で起こっているわけです。

ワクワクしませんか?

今日の名言

成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になることだ。 アルベルト・アインシュタイン

私は今、最新の情報をキャッチできるようアンテナを高くして、新しい仕組みを理解することで、自分の価値を高めたいと思っています。

確かに仮想通貨やブロックチェーンの話はわからないことが多いのですが、人がわからないと諦めるところを理解して知っていれば、自分の価値は高まりますよね。

自分の価値をどこに求めるかということも重要です。

身を粉にして働いて、会社に尽くしたところで、あなたの価値は高まっているのでしょうか?

会社からあなたの価値を高めるスキルは得られていますか?

もし、あなたが価値を得られない会社で働いているのなら、あなたの立ち位置を考えてみてください。

会社のために働くのが悪いとはいいませんが、それがあなたの価値を高めているかどうかしっかりと見極めたほうがいいでしょう。

会社に所属しているという価値がなくなった時に、あなたに残るのは、あなた自身の価値だけなのですから。

アルベルト・アインシュタイン

1879年3月14日 – 1955年4月18日
ドイツ生まれの理論物理学者。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、世界的に知られている偉人である。

引用元: アルベルト・アインシュタイン

0084

怒りは、愚か者の旨にしか住み着かないものだ。

言霊 人生を変える一言

おはようございます。

わかっていても腹が立つことの多い修行がたらない紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

ほんとに、わかってるんだから、そんなもんだと思えばいいのに、いらいらしちゃうことってありませんか?

その度にいつも、反省するんですが、ついつい同じことを繰り返してしまいます。

そろそろ、

身勝手の極意

に目覚めたいんですけどね〜(笑)

とりあえず、今日は1日心穏やかに過ごすことを意識しようと思います。

この言葉に何を思う?

怒りは、愚か者の旨にしか住み着かないものだ。 アルベルト・アインシュタイン

ほんと、怒ってばかりいる人って愚か者ですよね。

あれっこれって私のこと?

ということはさておき、ほんと人のふり見て我がふり直せとはよく言ったもので、怒っている人をみると、

あんなになったらだめだよな

と思うんです。

多分、周りから見ると自分も同じように見られてるのかと思うと、やっぱり怒ったらだめだよなという気持ちになります。

怒りというエネルギーは非常に大きなものなので、それを上手くプラスの方に変換できれば、大きなパワーをいい方向に向けることができます。

しかし、これって結構むずかしいんですよね。
それに、プラスの方向に変えられなければ、ひたすらマイナスのエネルギーになってしまいます。

ある程度年を取ってきたのなら、エネルギーもそんななくなるし、自分自身の省エネも含めて、あまり怒れなくなるんですよね。

もともと持ってるエネルギーが少なくなっていくから、当たり前といえばあたりまえ。

それでも怒れるエネルギーを持ってことは、それだけエネルギーが有り余ってるってことなので、ちょっと前向きに考えて、他のところにそのエネルギーを回せるように意識していければ、すごいことができるんじゃないかなと思えてきます。

そういえば、ナポレオン・ヒルも、性欲は偉大なパワーをもっているなんてことをいっていたような。。。

あれっちょっと違うか(笑)

アルベルト・アインシュタイン

1879年3月14日 – 1955年4月18日
ドイツ生まれの理論物理学者。
特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、世界的に知られている偉人である。
20世紀最大の物理学者でもあり、しかも現代物理学の父とも呼ばれ、それまでの物理学の認識を根本から変えた偉業は大きい。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

引用元: アルベルト・アインシュタイン

0048

一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。

言霊人生を変える言葉

おはようございます。

”正しい英語じゃなくてもいいんだ”とわかってから英語を話せるようになったえせ坊主、ぼんさんです。

実は、私たちが話している日本語も完璧な文法で話せている人なんて一人もいません。

なのに、私たちが英語を話そうとしたときは、それが正しいのか、間違っていないのか気になって話すことができない状況におちいります。

英語はあくまでコミュニケーションの手段であって、それが正しいかどうかなんて意味のないものです。

意思疎通ができればいいだけで、文法なんて無茶苦茶でもある程度通じるんです。

なので、英語を話すということに焦点を置いたとき、重要なのは、失敗を恐れないということです。

日本の学校教育って、常に正しいかどうかを求められるので、そんな教育を受けてきた日本人が間違いを恐れて英語が話せないというのは、ある意味当たり前です。

なので、

間違ってもいいんだ。

正しい英語なんてないんだ。

とはやく気づいて、英語が話せるようになりましょう!

この言葉に何を思う?

言霊人生を変える名言

アルベルト・アインシュタイン

アメリカは失敗をプラスに評価する国で、日本は失敗をマイナスに評価する国です。

それでもアインシュタインがこんな言葉を残すということは、多くのアメリカ人が、失敗に対してマイナスなイメージを持っているということです。

人は失敗を繰り返していろいろなことを学び、成長していくことができます。

失敗をしなければ、学ぶことはありません。

まわりからみて成功している人は、その成功以上の失敗を繰り返して、成功を手に入れいているわけです。

本質を見ずに表面だけ見ていては、何も学ぶことができないのと同様に、やってみて失敗してみなければ、たとえ成功したとしても成功した理由が分からないままです。

失敗を恐れないで、どんどん挑戦し続けて失敗から学んでいけば、おのずと成功する方法が見えてくるでしょう!

アルベルト・アインシュタイン

1879年3月14日 – 1955年4月18日
ドイツ生まれの理論物理学者。
特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、世界的に知られている偉人である。
20世紀最大の物理学者でもあり、しかも現代物理学の父とも呼ばれ、それまでの物理学の認識を根本から変えた偉業は大きい。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

引用元: アルベルト・アインシュタイン

0036