職場に好きな人を一人作ると、仕事行くのが凄く楽しくなるんよね。

言霊 人生を変える

おはようございます。

今日はどんなおもしろいことがあるのかなと思いながら毎日を過ごしている紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

せっかく生きてるんだから、楽しまないと損です。

楽しいことなんてないし。。。

なんて思ってませんか?

楽しいことがないってことは、これから楽しいことをいくらでも見つけられるということです。

空っぽの入れ物のほうが、満タンに入った入れ物よりたくさんのものを入れられます。

まさにあなたの考え方次第です。

楽しいことを見つけることすら楽しいことだと思いませんか?

今日の名言

職場に好きな人を一人作ると、仕事行くのが凄く楽しくなるんよね。 別に、その人とそういう関係になろうとかはこれっぽっちもって思ってるんだけど。 明石家さんま

まさに、楽しみ方を見つけてるって感じですね。

好きなもの、好きな人がいないって場合は、まずは、あなた以外のものに関心を向けてみて下さい。

それは無理っ

なんて思ったあなた!

実は、すでにあなた以外のものに興味を持っているんです。

だって、この文章を読んでくれているから。

そうやって、いろいろと自分の興味が惹かれたものをどんどんつなげていけば、自分の好きなものが見つかります。

思うままに行動してみましょう!

明石家さんま

1955年7月1日 –
日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティー。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。吉本興業所属。 元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり、「笑福亭さんま」という芸名でデビューするが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、タモリ・ビートたけしと並び日本のお笑いBIG3の1人に称される。

引用元: 明石家さんま

0064