さらば読者よ、命あらばまた他日。元気でいこう。絶望するな。では、失敬。

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

日曜なのに年度初出勤の紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

新しい職場って緊張しますよね。

でも、今回は緊張はまったくありませんでした。

なぜかはよくわかりません。

でものんびりした職場だということはわかりました。

今日の名言

さらば読者よ、命あらばまた他日。元気でいこう。絶望するな。では、失敬。 太宰治

矛盾してますよね。
自分は絶望していなかったんでしょうか?

命を経つのはかなり勇気のいることです。
生きていくことにそれ以上の勇気がいったんでしょうね。

藤原先生の【よのなか科】の授業に、自殺を取り扱った授業があります。

自殺の是非を問うんですが、答えはありません。

答えのないことに関して、さまざまな意見を交わすことでより考えが広まるわけです。
一人では考えつかなかったアイデアも複数人の考えによって新しくうまれることもあります。

一人の自分なんてほんとちっぽけなものなんだから。

太宰治

1909年6月19日 – 1948年6月13日
日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。

引用元: 太宰治

0159

毎日毎日が奇蹟である。いや、生活の全部が奇蹟だ。

人生を変える名言 言霊

おはようございます。

思考は現実化するということを強烈に意識している紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

よくよく考えると手段はどうであれ、なりたいと考えていた自分に近づいているような気がします。

会いたいと考えていた人には会えているし、やりたいこともやり始めています。

私自身が思わなければできていなかったことで、すべて私の思考が私を行動させたから実現できてるんです。

人に言われて行動するのも、あなた自身が考えて行動するのも、最終的に判断するのはあなたです。

あなたの思考がすべての発端であることは間違いありません。

このことを意識できれば、マイナスの思考を持つことがどれだけ悪い影響をもたらすかわかってくるでしょう。

今日の名言

毎日毎日が奇蹟である。いや、生活の全部が奇蹟だ。 太宰治

なんかだんだん宗教めいてきましたね。

たぶん、先週末に藤原先生のよのなか科(テーマは宗教)を受講したからかもしれません(笑)

ところで、

宗教とテーマパーク

信者とファン

それぞれの違いがわかりますか?

といっても答えはないんですけどね。

正解がないことについて、他人の意見を聞いたり、自分の意見を言ったりすることで、脳が刺激を受けて、より考え方が広がります。

藤原先生いわく、佐藤君と田中君と鈴木君が話し合えば、「佐藤田中鈴木脳」ができあがり、1人で考えていたら、絶対に思いつくことがなかった考え方が生まれるとのこと。

複数の脳が繋がれば、新しい何かをうみだすことができるわけです。

いわゆる普通の生活を送っている人には、それが奇蹟と見えるかもしれません。

でも、普段から意識して繋がることを実践していて、無意識でできる状態になっている人からすると、なんてない日常の出来事なんですね。

もし、太宰治がアインシュタインやエジソンと出会っていたら、どんな奇蹟の作品が出来上がっていたんでしょうね。

太宰治

1909年(明治42年)6月19日 – 1948年(昭和23年)6月13日)
日本の小説家。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。

引用元: 太宰治

0054