天才とは、山の頂上まで蝶を追う幼い少年である。

言霊人生の名言

おはようございます。

今日でこの発信をやめる決心をした紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

他のところで発信はするのですが、このまま続けてもちょっと意味のないものになってしまうように感じたので、より必要なことに注力するために、決断しました。

今日の名言

天才とは、山の頂上まで蝶を追う幼い少年である。 ジョン・スタインベック

夢中が最強ですね。

夢中になれるものを見つけられたら、誰からも教わることなく自ら学習していきます。

そんな夢中になれるものを見つけるために、いろいろなことに取り組むのが大切です。

継続は力なり

は私の座右の銘で、この発信をやめるのは、意に反することかもしれません。

今日で160日継続したのですが、果たしてこれが生産性のあるものかと考えた時に「YES」という答えではなかったので、やめるという結論に至りました。

より生産性の高いことに注力しようと思います。

ジョン・スタインベック

1902年2月27日 – 1968年12月20日
アメリカの小説家・劇作家。
スタインベックの祖父は多くの農地を所持したドイツ系移民で、父はドイツ系2世の出納吏でもあった。母はアイルランド系の小学校の教師だった。

引用元: ジョン・スタインベック

0160

さらば読者よ、命あらばまた他日。元気でいこう。絶望するな。では、失敬。

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

日曜なのに年度初出勤の紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

新しい職場って緊張しますよね。

でも、今回は緊張はまったくありませんでした。

なぜかはよくわかりません。

でものんびりした職場だということはわかりました。

今日の名言

さらば読者よ、命あらばまた他日。元気でいこう。絶望するな。では、失敬。 太宰治

矛盾してますよね。
自分は絶望していなかったんでしょうか?

命を経つのはかなり勇気のいることです。
生きていくことにそれ以上の勇気がいったんでしょうね。

藤原先生の【よのなか科】の授業に、自殺を取り扱った授業があります。

自殺の是非を問うんですが、答えはありません。

答えのないことに関して、さまざまな意見を交わすことでより考えが広まるわけです。
一人では考えつかなかったアイデアも複数人の考えによって新しくうまれることもあります。

一人の自分なんてほんとちっぽけなものなんだから。

太宰治

1909年6月19日 – 1948年6月13日
日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。

引用元: 太宰治

0159

朝にほめたものを夜にはけなす人がいる。しかし、いずれにしても、最後の意見を正しいと考えるのだ。

言霊人生を変える名言

おはようございます。

ネットの設定に夜中までかかってしまった紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

大阪の部屋を引き渡して、家のネットを再設定していてドツボにハマってしまいました。

ちょっとしたことでうまくいかないループにハマっちゃうんですよね。

今日の名言

朝にほめたものを夜にはけなす人がいる。しかし、いずれにしても、最後の意見を正しいと考えるのだ。 アレキサンダー・ポープ

意見がころころ変わるのは困りものですよね。

ま〜よりよいものにしようとして改善するのなら問題ありませんが、思いつきでころころ変えられるとほんと困っちゃいます。

結局最後の意見だけが実現するので、それが正しいと考えるんですよね。

なので、同時進行で最初の意見と最後の意見を実現してみれば、どちらが正しいのかわかると思いますが、そんなことはできません。

でも、実は最初に思いついたことが正しいんですよね。

だって、えてして直感が正しいって言うじゃないですかw

アレキサンダー・ポープ

1688年5月21日 – 1744年5月30日
イギリスの詩人。父はカトリック教徒のリンネル商。
生来虚弱で学校教育を受けず、独学で古典に親しみ、幼少の頃から詩作を試みた。詩集『牧歌』(Pastorals, 1709年)は16歳の時の作という。『批評論』(An essay on criticism, 1711年)は簡潔な格言風の韻文で書かれた詩論で、当時の上流階級には好評を博した。ホメロスの『イーリアス』を1715年から1720年に、『オデュッセイア』を1725年から1726年にかけて翻訳し、予約者が訳者に6ギニーずつを支払って、出版業者が無償で本を作者に提供し、作者がそれを予約者に渡すという販売法でポープは経済上の独立を得た。同じく1725年に『シェイクスピア全集』を出版、編者としての本文校訂は学問的批判を免れなかったものの、序文では作品をゴシック建築に比して古典主義法則に拘束されずに評価した。

引用元: アレキサンダー・ポープ

0158

こけたら、立ちなはれ。

言霊人生を変える名言

おはようございます

新幹線内での肉饅禁止には賛成の紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

奈良県生駒市が、市役所内で、職員が、喫煙したあと45分以内はエレベーター使用禁止にするそうです。

「喫煙後45分間、エレベーターは使えません」 奈良県生駒市が職員に周知

大いに賛成で、匂いって勘弁してほしいけど、なかなか直接本人に言えませんよね。

加齢臭にしてもそうですが、いちおう気にして、私は柿渋石鹸を使ってます。

気になる人は、家族に臭わないか聞いてみたほうがいいですね。

家族に遠慮はありませんから。

今日の名言

こけたら、立ちなはれ。 松下幸之助

まさに、こけたら立つだけ。

まず、こけることをしないとダメです。

こけることをしないと、立ち上がり方もわからないし、怪我しないこけ方もわかりません。

まずは、やってみましょう!

松下幸之助

1894年11月27日 – 1989年4月27日
日本の実業家、発明家、著述家。
パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

引用元: 松下幸之助

0157

大多数の決定が、いつでも真実だとは限らない。

言霊 人生を変える

おはようございます。

昭和時代が残る現場を垣間見た!?紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

まだまだこんな処理の仕方をする所あるんだな〜とびっくりしてしまいました。

まー、利用者の年代が高いからなのかもしれませんが、

あまりの昭和ぶりに驚きが隠せませんでした。

今日の名言

大多数の決定が、いつでも真実だとは限らない。 ヨハネ・パウロ1世

多数決は物事をすすめるのには便利といえば便利です。

ただ、それがほんとに正しいことなのかは別の話ですよね。

例えば、iPhoneが発表された時には、消えていくプロダクトというのが大多数の意見でした。

この意見が正しかったかどうかは現状を見てみれば明らかです。

新しいものが受け入れられるかどうかは大多数の意見は参考にならないわけです。

イノベーションは、熱く強い信念を持った人しか起こすことはできないということです。

ヨハネ・パウロ1世

1912年10月17日 – 1978年9月28日
ローマ教皇(在位: 1978年8月26日 – 1978年9月28日)、カトリック教会の司祭。教皇名として初めて「ヨハネ・パウロ」という複合名を採用。宗教事業協会の改革を表明した一方、在位わずか33日の急逝には暗殺説が根強い。

引用元: ヨハネ・パウロ1世

0156

かしこく思われる必要なし、かしこくあることのみ必要なのだ。

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

人にどう思われようと構わないと感じる紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

とはいえ、いけてない人間になりたいわけじゃなくて、自分がなりたい自分になるために否定的な意見はいらないってことです。

もちろん、否定的な視点も重要ですが、それよりも行動することが重要だってことです。

今できることを今しないでいつするんでしょうか?

今日の名言

かしこく思われる必要なし、かしこくあることのみ必要なのだ。 中野重治

自分がどう見られるかより、どうなりたいかってことですね。

見られることを気にしてるってことは、だれかが気に入る人間になりたいってことなので、自分がないんですよね。

自分がどうありたいのかを突き詰めましょう!

中野重治

1902年1月25日 – 1979年8月24日
日本の小説家、詩人、評論家、政治家。福井県坂井市出身。東京帝国大学文学部独文科卒。

引用元: 中野重治

0156

他人とは、自分自身の心を読み取ることのできるレンズである。

言霊 人生を変える名言

おはようございます

緻密な計算が苦手な紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

ほんと苦手なんですよね。

分析。

でも、分析しないとダメですよね!

やるだけやって、何が悪かったのか、なぜうまくいったのか分析しないと意味ないですし。。。

わかってるのにやってないことを、少しずつきちんとやっていこうと思います。

今日の名言

他人とは、自分自身の心を読み取ることのできるレンズである。 ラルフ・ウォルドー・エマーソン

自分自身の心って自分が一番わかってるけど、他人の視点で、自分の心をのぞいてみると、自分で思ってる以上に自分のことがわかるんですよね。

他人の自分が見てるみたいな。

俯瞰して見るってことって大切です。

そうはいっても、なかなか客観的に見ることができない場合は、他人の人間観察から始めてみるといいですよ。

結構おもしろいんですよね。人間観察。

電車の中とかw

ラルフ・ウォルドー・エマーソン

1803年5月25日 – 1882年4月27日
アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。無教会主義の先導者。娘のイーディス(Edith Emerson)がウィリアム・ハサウェイ・フォーブス(英語版)と結婚し、エマーソン家は一層格式の高い門閥となった。

Waldoはウォルドウ、ウォルド、ワルド、Emersonはエマソン、エマスンなどとも表記される(英語では、Emersonは第1音節にアクセントがある)。

引用元: ラルフ・ウォルドー・エマーソン

0155

いや、人生は気合だね。

言霊 人生を変える名言

おはようございます

4月から和歌山に帰ることになった紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

一人暮らしじゃなくなるので、ちょっとフットワークが重くなっちゃいます。

ほんとなら、和歌山に帰るまえに、いろいろとあいさつしなければならないところもあるのですが、引っ越し作業やら、新しい職場の引き継ぎやらで、バタバタしています。

大阪にいた2年間はいろいろな繋がりができて、ものすごい濃厚な時間を過ごすことができました。

このつながりを活かせるように過ごしていこうと思います。

今日の名言

いや、人生は気合だね。 二葉亭四迷

アントニオ猪木とアニマル浜口だけが言ってるのかと思いきや、作家もこんなことをいってるんですねw

確かに、気合いは重要です。

エネルギーを持った人は、間違いなく気合いが入っているし、熱量半端ありません。

ちょっと気合いが抜けていたので、気合いを入れ直してみようと思います。

二葉亭四迷

1864年4月4日 – 1909年5月10日
日本の小説家、翻訳家。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。別の号に冷々亭主人、杏雨。江戸市ヶ谷生れ。彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退[1]。

坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。1887年~1891年の間に出された写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の開祖となった。また、ロシア文学の翻訳も多くてがけ、ツルゲーネフの「あひゞき」「めぐりあひ」は特に有名。自然主義作家へ大きな影響を与えた。

後に『其面影』『平凡』を書いたが、1909年、ロシア赴任からの帰国途中、ベンガル湾上で客死した。

引用元: 二葉亭四迷

0153

生と自らと取り巻く世界について、どれだけ理解していないかを理解するとき、我々一人一人に本当の英知が宿る

言霊 人生を変える名言

おはようございます。

新しいつながりはやっぱ大切だとおもう紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

常に新しいつながりを作っていくのって重要ですよね。

長年変わらないものにも価値はあると思うのですが、まったく変わっていないわけじゃないですよね。

少しずつ変化していってます。
革製品が年を重ねてエイジングしていくように。

かわりたくないって人は、子供の頃のことを思い出してみてください。

インターネットはありましたか?
スマートフォンはありましたか?
SUICAはありましたか?

世の中の変化のスピードに気づくはずです。

今日の名言

生と自らと取り巻く世界について、どれだけ理解していないかを理解するとき、我々一人一人に本当の英知が宿る ソクラテス

無智の知

ということですね。

実は、知らないことばかりなんですよね。

知ってることなんて、ほんとに限られているし、だからこそもっと知りたいと思うんですよね。

知らないことだらけって魅力的じゃないですか?

だって、知らないことを知ることができるってめっちゃわくわくしませんか?

全部知ってたら、つまらないですよね。

ソクラテス

紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日
古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。

ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。

引用元: ソクラテス

0152

いちばんの勇気は、いつの日も 自分らしく素直に生きること。

言霊人生を変える言葉

おはようございます。

やりたいことだけやりたい紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

今日、イケハヤVoicyで、

残業をしている同僚がいる中で、どうすれば定時に帰れますか?

という質問が出ていましたが、

帰ればいいんじゃない?

という答えでした。

ほんとにそのとおりですよね。

帰ったらいいのに。

なぜ帰らないんでしょうね。

今日の名言

いちばんの勇気は、いつの日も 自分らしく素直に生きること。 渡辺美里

自分らしく素直に生きるって難しいですよね。

日本人は、協調性が最も重要視されるので、世間体?周りの視線?を気にする人には難しいでしょうね。

周りのことはあんまり気にならないぼんさんですが、妻は気にするので、バランスとるのが難しいんですよね。

渡辺美里

1966年7月12日
日本の歌手である。本名同じ。東京都出身。出生地は京都府京都市。身長は158cm(公称)。所属事務所はHeartland(1983年 – 1995年) → アンティノスマネージメント(1995年 – 2004年3月) → ブルーワンミュージック(2004年5月 – 2006年3月) → ニューカム(2006年4月 – 2007年5月14日) → ララマハロ(2007年5月15日 – 、自身の個人事務所)。

引用元: 渡辺美里

0151