偉大な芸術家は物事をあるがままには決して見ない。もしそうしたのなら、芸術家ではなくなっているのだ。

おはようございます。

毎年恒例の大掃除でちょっと疲れ気味の紀州のえせ坊主、ぼんさんです。

年末はやっぱり大掃除しないと年はこえられませんね。

ホントは、年末年始にかけて海外で年越しなんてこともやってみたいのですが、家族4人で海外で過ごすために先立つものを用意しないといけないので、なかなか実現できていません。

というわけで、本日は、フローリングのワックスがけをがんばります。

今日の名言

偉大な芸術家は物事をあるがままには決して見ない。もしそうしたのなら、芸術家ではなくなっているのだ。 オスカー・ワイルド

物事をいろいろな面から見るのは誰にとっても重要です。

常識と思っていたことでも、ちょっと見方を変えるだけで、新しいことに気づくこともあります。

りんご一つにしても、横から見るのと上から見るのと下から見るのでは形も色も違いますよね。

人にしても、ある人にはいい人だと言われているけど、別の人から見ると最低な人として認識されていたり、見方一つで評価まで変わってきます。

多面性を理解して、複数の視点を持てば、あなたの引き出しもどんどん増えていきます。

大切なのは、一つの考え方にとらわれずに、常に疑問をもって違う視点から見てみることです。

一度、他人の視点から自分をみてみると新しい自分を発見できるかもしれませんよ

オスカー・ワイルド

1854年10月16日 – 1900年11月30日
アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。
耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

引用元: オスカー・ワイルド

0065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください